DCC(ディープチェンジクレアチン)

DCC(ディープチェンジクレアチン)の飲み方

投稿日:

DCCディープチェンジクレアチンを飲むタイミングとは?

DCCディープチェンジクレアチンは筋力アップに役立つサプリメントですが、一体いつ飲めば最も効果が上がるのでしょう?

サプリメントということで厳密な規定はなく、朝・昼・夜、いつ飲んでも問題はありません。自分の飲みやすいタイミングを選んで、毎日継続することが1番重要です。

ただ、食事の後に摂取すると胃腸での吸収率が下がってしまうので、胃が空っぽな状態の時に飲むのがベスト。できるなら、漢方薬と同じように食間に飲むのがいいと思います。

朝起きてすぐに飲むのもおすすめ。家事、通勤などが運動となり、効果が上がります。

さらに意識して運動をする場合は、始める30分前に摂取しましょう。これだけ時間が経てば成分が体内で吸収され始めるので、トレーニングの効果がアップします。

また運動の後に飲めば、筋肉疲労が軽減し、疲れが翌日に残りにくくなります。

このようなタイミングで1日3〜6粒を少しずつ飲んでいき、運動の効率をアップさせましょう。

DCCディープチェンジクレアチンの魅力とは?

DCCディープチェンジクレアチンの最大の魅力はその多種に渡る配合成分にあります。筋力アップに効果を発揮する成分はもちろん、脂肪燃焼をサポートする成分、体内の健康な状態を維持する成分、疲労回復を補助する成分をたっぷり配合しています。

ネット通販でも「筋トレサプリ」と呼ばれる商品はたくさんありますが、DCCディープチェンジクレアチンくらい幅広いジャンルの成分を配合しているものはない、と言い切っていいでしょう。

筋力アップをしようと思ったら、肉体全体の健康が欠かせません。

激しい筋トレにともなう疲労がいつまでも残ったままでは体の機能そのものに悪影響がありますし、そうなると健康的な日常生活を送ることができません。筋肉をビルドアップすることで健康状態を損なっては本末転倒です。

現代社会に生きる人間は仕事や人間関係などでストレスと疲労をためがちです。体のコンディションを整える成分も配合することで、健康的な体づくりをサポートできるのが、DCCディープチェンジクレアチンなのです。

DCCディープチェンジクレアチンによって期待できる効果は以下の通りです——

・筋力の増強と肉体の改造
・脂肪の燃焼を促進
・内蔵機能をアップする
・血行を改善する
・疲労回復をサポート

DCCディープチェンジクレアチンの商品名にも使われているクレアチンは、筋トレファンなら全員が知っている有名な成分。

さらにクレアチンと相性の良いHMBもしっかりと入っています。

ロイシンというのは筋肉維持に不可欠な必須アミノ酸として有名ですが、それが体内で吸収された時に生成される物質がHMBです。クレアチンと一緒に摂取すれば、さらに効率的に筋力が増強できます。

そのほかにも、筋トレ成分として有名なBCAA(ロイシンのほか、バリン、イソロイシンなどの必須アミノ酸)はもちろん、ブラックジンジャー、コレウスフォルスコリ、イミダ15、236種類にのぼる酵素、デキストリン、サンゴ末、オルニチン、シトルリン、ミネラル酵母といった多種多様な成分を配合。

健康的に筋力アップを行いたいなら、DCCディープチェンジクレアチンをぜひ摂取しましょう。

-DCC(ディープチェンジクレアチン)

Copyright© 『本当に効いた!DCCの口コミ・効果まとめ』 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.