未分類

DCCのサプリの効果について

投稿日:

DCCの配合成分

クレアチン

クレアチンはタンパク質の一種。筋トレ初心者の方には聞き覚えがない物質ですが、ビルダーやトップアスリートには欠かせないビルドアップ成分で、ターザンなどの筋トレ雑誌ではよく紹介されています。

疲労が蓄積してすぐにバテてしまうスタミナ不足に効果を発揮。持久力を高める上に、エネルギーまで蓄えてくれるので、運動の効果を最大限までアップしてくれます。その力は絶大で、摂取し続ければいままで10回しかできなかったベンチプレスが15回もできるくらいになります。

HMB

HMBはロイシンというアミノ酸の代謝物質として知られています。タンパク質の合成を促す働きがあるため、筋肉の分解の防止、またその回復に効果が期待でき、筋肉のビルドアップを助けてくれます。

HMBはタンパク質⇒ロイシン⇒HMBという代謝の流れで体内で形成されますが、ロイシンのうちのわずか5%しかHMBに変化しません。タンパク質が筋肉に生まれ変わるためにはどうしてもHMBに分解される必要があります。つまり、筋肉づくりを効果的にサポートするためにはHMBをサプリメントで摂取する必要が出てくるわけです。

BCAA

BCAAとはバリン、ロイシン、イソロイシンという必須アミノ酸3つを配合した成分のこと。筋トレ初心者の方でも「BCAAは聞いたことがある」という人が多いでしょう。筋トレする時には不可欠のサプリです。BCAAはタンパク質を構成している必須アミノ酸の約50%を占めます。タンパク質によって筋肉は生成されますから、BCAAを摂取することは筋肉づくりに役立つわけです。

イミダ15

アミノ酸結合体ですが、なんと渡り鳥の骨格筋から抽出される特殊な物質です。疲労回復に効果を発揮するということで、イミダ15のみのサプリまで販売されています。激しい筋トレ後の疲労回復に卓効をもたらします。

ブラックジンジャー

アルギニン(アミノ酸の一種)を大量に含有。血行の改善、成長ホルモンの活性化、疲労回復に効果があるとされています。昔から生薬として漢方でも活用されている物質です。

酵素成分236種

野菜、果物、肉、納豆、味噌など、236種類の酵素成分を凝縮したエキス。加齢によって低下する基礎代謝の改善に役立ち、老廃物のデトックスや脂肪燃焼の働きもあります。

DCCは女性に効果を発揮するのか?

女性の中にもDCCディープチェンジクレアチンが気になる人がいるようです。
果たして女性にも効果が上がるのか、説明していきます。

生活の中で激しく体を動かす習慣がなく、食事の栄養バランスにも気を使っていない人の場合、DCCで体重と体脂肪を落としたいと思っても、効果は期待できないでしょう。

つまりDCCを飲むだけでは理想の体型には近づけないのです。

DCCディープチェンジクレアチンの主成分であるクレアチンは、あくまで運動している人に対してのみ効果が上がります。体を動かしながら摂取することで筋力がアップしたり、体内に水分を取り込みやすくなり、筋肉のビルドアップ効果が期待できるのです。

筋肉をつければ代謝も上がり、脂肪を落とした体型を手に入れやすくなります。普段から運動していない女性の場合は筋肉のビルドアップが望めないため、代謝が上がったり体脂肪の燃焼にはつながらず、したがって減量には役立ちません。

普段から運動を欠かさず、ある程度食事のバランスにも気を使っている人なら、DCCの摂取によるダイエット効果が期待できます。DCCと筋トレによって筋肉量をアップしていけば、最終的に引き締まったメリハリボディに到達することも可能でしょう。

-未分類

Copyright© 『本当に効いた!DCCの口コミ・効果まとめ』 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.